2012年7月23日月曜日

D&D4e:土曜会ショート・キャンペーン:『失われし王冠を求めて』(第1回)

7月13日(土)は、エベロン・ショート・キャンペーンということで、公式ア ドベンチャーの『失われし王冠を求めて』をプレイしました。第1回のDMは私でしたが、どこかで東濱さんにタッチする予定。


 今回のキャラクターとそのプレイヤーは、以下の通り。
・パストール、エラドリン、ウィザード、エターナル・チャンピオンですね。はい 。PLは、ひがさん
・アーノルド、ヒューマン、バーバリアン、PLは、あげさん
・ヴォルギルン、ドラウ、弓レンジャー、PLは、東濱さん
・ノーキン、ウォーフォージド、ファイター(ナイト)、PLはSletletさん
・レツ・ド=カニス、ヒューマン・アーティフィサー、《創造のマーク》持ち、PL は、わたし(今回は同行キャラクター)
 前のめりなパーティですね。

 シャーンでとぼとぼとしていた一行は、
「クルーシク退治のエキスパート求む!」
「クルーシクの大家としてパストール先生のお力を、是非、空飛ぶクルーシクにつ いて解明を。」
(パストールは別の冒険でクルーシクに酷い目にあわされ、クルーシクの生態に詳 しくなっていた!?) 
 などの理由で、シャーン下層部の鉱山に巣くうクルーシクを退治することになり ました。

 そこは元々はゴブリンの英雄を祀った寺院だったようで、トラップも、、、

 以下は公式シナリオなので写真のみ。






 今回得たものは、
XP:1,625(開始時)+962(今回獲得)=2,587XP(3レベル)です。
財宝;アシュルタズ・ブレード(アーティファクト)、スカルマスク(5lvアイテム)、ベルト・オヴ・ブロウラー(3レベルアイテム)、宝石50gp(アメジスト)x8、20gp(アンバー)x8、現金54gp

---参考---
アシュルタズ・ブレード(Ashurta's Blade/アシュルタの剣 英雄級アーティファクト)
 このバイシュク製の刀身は、何種類かの剣に大きさと形状を変化させることができる。この武器は、”異形”起源のクリーチャーにとって致命的なものである。
武器
強化:攻撃ロールおよびダメージ・ロールに+2
クリティカル:+2d6ダメージ。”異形”クリーチャーに対しては+2d10ダメージ。
特性:使用者は”異形”起源のクリーチャーからの攻撃に対するすべての防御値に+1のアイテム・ボーナスを得る。
パワー([無限回]):マイナー・アクション。アシュルタズ・ブレードは、シュリケン、ショート・ソード、ダガー、ブロードソード、ロングソードのいずれかの形態を取ることができる。他の武器の形態に変更するまで、その武器の通常の性能を発揮する。
パワー([一日毎]):フリー・アクション。トリガー:使用者が攻撃をヒットさせる。効果:攻撃の目標は、使用者の次のターンの終了時まで”幻惑状態”となる。”異形”起源のクリーチャーであれば、さらに”拘束状態”ともなり、使用者の次のターンの終了時まで瞬間移動を行なうことができない。
---

 次回は、本格的なクルーシク退治から開始です。

○DM感想
・久々のキャンペーンなのでキャラクター、マジック・アイテムとも毎回リビルド ではなく継続としてみました。
・速攻で精鋭を倒すのは重要でしたね。アクション・ポイントの抱え落ちはDMとしては痛かったなぁ。

0 件のコメント: