2008年11月14日金曜日

『アイデアマラソン発想法』日経ビジネス人文庫

書名:アイデアマラソン発想法
著者:樋口建夫
ISBN:4-532-19210-2
 アイデアマラソンは発想を鍛えるのにとてもいい方法だと思いましたが、著者のように1日70以上のアイデアを出して記載するのはちょっと引いてしまいます。
 ノートは1冊、A5、必ず書くことなど基本的なことはまねたいと思います。
 何も考えないではじめればいいのだろうが、どのノートなら楽しくやれるかとか、PCとの連携をどうしようかなどと考え出すとむつかしくなってしまうなぁ。連携について考えてアイデアにするのも方法かもしれない。

2 件のコメント:

Takeo さんのコメント...

こんにちわ。アイデアマラソンの考案者の樋口健夫です。アイデアマラソンをご紹介いただきありがとうございます。毎日の発想は、1個でも、2個でも構いません。私自身が開始から数年間は一日平均が3個でした。ゆっくりと数を増やしていったのです。では、ぜひとも実行してみてください。

Musashi さんのコメント...

 つたない感想にコメントいただきありがとうございます。
 この読書日記が約2年間、1年に180投稿程度記載できているので、最初にためを作れば1日1個は可能で、1個で出せれば2~3個へは可能だと思うのでがんばりたいと思います。